「バーニング・オーシャン」見てきました。 緊迫感・恐怖感はかなりのもの。

バーニングオーシャン

劇場で見る予定はなかったんですが、諸事情あって見てきました。 原題は「Deepwater Horizon」ですが、実際に2010年にディープウォーター・ホライズンという石油掘削施設で起きた人災を元にした作品です。

実話ベースということで、作品としてのメッセージ性が強くあるわけではないですが、彼らの置かれた状況や有事の際の恐怖感はかなり味わえる映画になっているかと。

スポンサーリンク

遠い話が、少しだけ近くに感じられるように。

まずは予告編をどうぞ。

こうした石油プラットフォームの事故は度々あったわけですが、遠隔地の事故にしてもより“遠い”印象を、私は持っていました。 それは、作業に従事する彼らの置かれている環境が非常に特殊であることから……だったのかもしれません。

そう、少なくとも私は、彼らの従事する作業について詳しく知りません。 ただ掘るだけではない、くらいしかわからず、具体的には?と問われると何も自信を持って答えられないくらいのもんです。

ですから、本作の序盤に描かれるアレコレややりとりが、実際のアレコレややりとりと比較してどれくらい再現度が高いかはわかりません。 しかしながら、素人目には“非常にそれっぽい”感じに見えました。

それに、事故……人災へ突き進んでいってしまう過程は、実情をよく知らなくても視覚的に「ああ……コレは相当ヤバそうだ」と伝わってくるように描かれています。 それは余り虚飾に頼らずに、こだわって演出・撮影してくれたからこそ、いち観客としてだけでなく文字通り当事者の“体験”に近づけたような気持ちになれました。

内容としては事故前後までをカバーしていて、正直、冒頭の日常シーンは少々退屈だった感は否めません。

しかし、主人公らが施設到着後のやりとりが始まってからは興味深く見ることができましたし、実際に問題発生してからは強い緊迫感と恐怖感を体感しました。

施設の周り一面は海で、それも絶海の孤島のように遠洋に浮かんでいるわけで、逃げ場もなく助けを呼ぼうにも時間がかかるような孤立した状況。 おまけに取り扱っているのが可燃性のオイルですよ。

ほんの些細なミスで大事故・人災になってしまうし、だからこそ、そうならないように作業をしている彼らのプロフェッショナルな技術は素晴らしいわけですが、まぁ色々重なってどうしようもない事態に……人の手で簡単にどうこうできるような規模を大きく逸脱した、大きな人災へなっていくわけです。

これがとても、怖い。 その恐怖心を抱かせる演出・展開はかなりのものだったと思います。

闇夜を照らす爆発炎上は、恐ろしくも美しく、劇場映えのする映像でした。 ところどころ今の状況・場所がわからなくなったりもしましたが、それは当事者とて同じだったのではないでしょうか。

主人公は妻子持ちで、まぁ、その辺も描かれるんですが……しかしだからといって家族の絆や愛云々という部分はそれほど重視して描かれているわけでもなく、大部分はやはり事故発生へのプロセスと事故発生後の様子を描くことこそが目的だったのではないかと。

なので、そうしたヒューマンドラマ面やメッセージ性はそれほど強いわけではなくて、事故自体を体験を伴って知ることが第一義なのかな、と私は感じました。

ちなみにこの事故で11人の方が帰らぬ人となったようです。 子持ちの人も多く(無論、単身だからいいというわけではないですが)、やはり何とも言えない気持ちにもなりました。 このようなことを繰り返さないように、教訓としていってほしいです。

そんなこんなで、正直なところそれほど期待していたわけではなかったのですが、こうしたちょっと“遠く”感じていた油田での事故が多少なり“近く”に感じられ、恐ろしさを少しだけ知った気になれるという意味で、いい映画だったと思います。

映画『バーニング・オーシャン』公式サイト

投稿者プロフィール

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク