PS4

PS4

「お姉チャンバラZ2 ~カオス~」アクションは良好、それ以外は平均以下。

1周すればいいかな……っていうタイトル。 1周すらツラかったけど。 セクシーな女性キャラが、群がるゾンビをバッサバッサと切り捨て、ボッコボコに殴る蹴るなどの暴行を加える爽快ACT「お姉チャンバラZ2 ~カオス~」をクリアしたんで感想など。
2018.12.11
PS4

「The Incredible Adventures of Van Helsing: Extended Edition」 とにかく地味なハクスラARPG。

先ごろ、PS Storeにて「The Incredible Adventures of Van Helsing: Extended Edition」というハクスラ系ARPGが日本語可された状態で配信されていたので、ひととおりプレイしてみまし
2018.12.11
PS4

「無双☆スターズ」リプレイ性高く、リプレイ欲低し。

コーエーテクモゲームスの人気キャラが一堂に会する、無双シリーズの新境地「無双☆スターズ」。 プロモーション段階では「あ、なんかちょっとヤバそう(悪い意味で)」と思っていながら、一応買って遊んでみたら、一周目は想定よりは楽しめました。
2018.12.11
PS4

「アクセル・ワールドVSソードアート・オンライン 千年の黄昏」思いのほかストーリー部分が良好。

同じ世界を共有しているアクセル・ワールド(AW)とソードアート・オンライン(SAO)。 両作品のクロスオーバーを望むファンも少なからずいたと思いますが、ゲームという媒体でそれが実現されることになりました。 SAO:LS(ロストソング)
2018.12.11
PS4

「閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH」、カジュアルに遊ぶならアリ。

閃乱カグラシリーズ新展開としてリリースされた「閃乱カグラPBS」。 本作は「デカ盛り閃乱カグラ」と同じく幕間劇的な立ち位置ですが、実際にプレイしてみると重要な展開や演出もあったりしていました。 ゲームとしてもまずまず楽しめる一方で、そ
2018.12.11
PS4

「Horizon Zero Dawn」ひととおりクリア。 全体的にハイレベルな作品。

「狩り」をテーマとしたオープンワールドARPG「Horizon Zero Dawn」。 こちらをひととおりクリアしたので、感想を。 尖った魅力や特徴はあまりないものの、全体的にハイレベルで、優等生的な作品になっています。 意外なことに
2018.12.11
PS4

「NieR: Automata」クリア。 人を選ぶものの、独創的な作風は健在。

先日、NieR: Automataをクリア&トロフィーコンプリートしたので、感想をば。 今作でも尖った作風は継承されていて、ネタやデザインは人を選ぶのは間違いないものの、とても独創的な作品になっていました。 時間を置いて
2018.12.11
PS4

「仁王」クリア。 プレイ意欲が持続して、最後まで楽しめました。

前回のファーストインプレッション記事から一週間チョイ経過しまして、エンディング+αに到達したので改めて仁王について書こうかなと。 基本的には前回記事の内容を継承し、それに続く形で書いていきますのでご注意ください。 一部バランスがどうか
2018.12.11
PS4

「三國志13 with パワーアップキット」在野でも楽しめる、真の全武将プレイに進化。

多くの強化・追加要素を実装する拡張版、パワーアップキットがついに登場。 当初は発売日に購入する予定はなかったのですが、直近でムラムラとプレイ意欲が湧いてしまったため、結局当日に購入。 商人と侠客などでプレイ、クリアしましたので感想をば
2018.12.11
PS4

「仁王」をプレイしてみたよ。 ほどほどに死に、ほどほどに楽しめる感じ。

発表から12年の年月を経て、とうとう発売となった仁王。 初期の体験版の印象は、正直イマイチだったんですが、改めて製品版をプレイしてみると良くも悪くもトゲトゲしていたところがいくらかマイルドになり、遊びやすくなった印象です。 結果
2018.12.11
PS4

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期クリア。結末の受け入れ方により評価が大きく分かれる作品。

記事更新としては久方ぶりに出現しましたまるおです。 1月に発売となりましたニューダンガンロンパV3ですが、クリアしましたので感想など。 ネタバレの制約から、記事自体は短めです。 世間では賛否両論ありますが、個人的には首を縦にも横
2018.12.11
スポンサーリンク