「GOD EATER RESURRECTION」クリア。 課題はあるものの良ゲー。

GER イメージ PS4

他の積みゲーを完全に放り出してプレイしていたGERを、ついに先日クリアしたので報告がてら最終的な感想を書いていこうかなと。

今回も今後シリーズを続けていくにあたっての課題は残っていますが、トータルで見るとかなりの良ゲーと言ってよい出来になっていたかなと思います。

スポンサーリンク

アクション部分: なんだかんだでシリーズ屈指の出来では?


まずゲームプレイの大半を占めるアクション部分ですが、シリーズ屈指の完成度と言ってもいいと思います。 なんというかですね、プレデタースタイルがとても楽しいんです。

前作にはGE2RBはいわゆる必殺技的なブラッドアーツ(BA)がありましたが、実用的・強い(バランスブレイカーなものも含む)といえるものはごくごく一部で、大半は微妙だったり産廃なものだった印象です。

BAを放つのも爽快感があっていいところもある(GE2が出た頃は好意的でした)んですが、GEの世界にはあまりマッチしていない印象もあり、諸手をあげて賞賛できるものでもなかったんです。

その点で、今回新アクションとして取り入れられたプレデタースタイルは、基本的にどのスタイルも一長一短であり、かつ、バランスブレイカーになっているものも皆無な印象。 更に言えば、GOD EATERの名にふさわしく捕喰に重点を置いた良システムです。

むしろなんで今まで存在しなかったんだ、と言いたくなる空中での捕喰を可能にした……だけでなく、捕喰成功後に設定したスキルが発動するのがミソ。

プレデタースタイルと発動スキルにはランクが存在し、強力なスキルほど高ランクのプレデタースタイルじゃないと設定すらできません。 しかし高ランクのプレデタースタイルはクセモノが多く、タメ時間も長めな傾向にあります。

それゆえ、プレイヤーはスキルを取るか、それとも機能性を取るか……で悩むわけです。 このカスタマイズ幅が存外広めで、自分の戦闘スタイルを突き詰めていく楽しさがあります。 どこかRPG的な要素やシステムが目立った前作に比べ、本作は純粋にACT的な深みを増したかなと。

まぁ、BAも複数セットできるとかだと選ぶ楽しさもあったかもしれませんが、それはそれで更なるバランス崩壊を招くだけなので、個人的にはこちらのGER路線を今後に期待したいところです。

難易度6「野獣の黄昏」は難易度曲線的に少々マズイ。

まぁ、難易度曲線が狂っているのは毎度のことなんですが、今回も軽くやらかしてます。 特に顕著なのは、中盤の難所である「野獣の黄昏」というミッション。 以下、リプレイ動画。

ここで戦うことになるディアウス・ピターという敵がですね、おそらくアニメ経由組とかアクション不慣れ組には詰みポイントになってしまうんではないかと強く感じるんです。

もともとこのミッション自体、戦闘経験が浅いであろうプリティヴィ・マータと、完全初見のディアウス・ピターを討伐しなければならないということでキツいミッションだったんですが、今回このディアウス・ピターがかなり強化されているんです。

こう、背中から翼が生えましてね、それを使ってすばしっこく飛び回りながら広範囲攻撃を……って、GE2RBのクロムガウェインじゃねーか!っていうね。 一端のシリーズ経験者としては新鮮は新鮮でしたが、友人とマルチプレイしていたにもかかわらずだいぶ苦戦しました。

別段GEシリーズが得意というわけではない、いわゆる平均的?なGE経験者の私でそれですから、完全初見プレイの友人にはいわゆる“洗礼”に感じられたようで。 シリーズ初心者がひとりでNPC引き連れて戦うのは、いくらなんでも酷すぎやしないか?と思ったんです。

このミッション前にディアウス・ピター単体戦を挟むなり、でなければ、従来型ディアウス・ピターのままでも良かったんじゃないかと思うんです。

それでも十分辛いですが、完全初見(しかも強化版)+おまけで強敵をもう一体!よりは、段階的に難易度を上げていくという基本に則った難易度曲線になったんじゃないかと思います。 サバイバルミッションじゃないだけマシになりましたが、ここは擁護できない部分です。

コンゴウイーターリザレクション。

加えて、いい加減コンゴウイーターがクドすぎます。 既にピルグリム、ピルグリム零、剛の一族とコンゴウ祭りミッションが目白押しだというのに、今回は不定期に発行される緊急任務でのサバイバルミッションにまで進出。

これがまたうんざりする内容で、初期状態でコンゴウ、コンゴウ堕天、ハガンコンゴウがいて、しかも一体潰すごとにノーマルコンゴウが増援で現れるっていうコンゴウ祭りっぷり。

いやいや……。 これ開発は面白いと思ってやってるんだろうけど……正直ここまでコンゴウイーターやらされてきた身としては「ちょっといい加減にしようか?」ってなもんです。 乾いた笑いすら出ません。

経験浅い人は、まぁ、そのカオスっぷりを楽しめるかもしれませんが、ちょっとコンゴウに頼り過ぎじゃないですかね。 聴覚がいいので難易度調整的に混ぜやすいんでしょうけど、ほんっとーに!見飽きました!!

ストーリー: 追加部分も含め、良好。

ストーリーは評価の高いGEBをベース+αな感じなのでかなり良好です。 単にキズナキズナに終わるんではなく、それぞれのキャラクターにちゃんと戦う理由や矜持があり、それをテキストなどで表現しているので血が通っている感が結構あるんですよね。

で、このクソッタレな世界でなんとか生き残るべく戦い、もがいていく主人公らの織りなすストーリーはダーク寄りでありながら暗くなりすぎず、アツいところはアツい感じでちゃんと楽しめるレベルになっています。 無難とかおざなりにはなっていません。

ただ、シリーズ通してクライマックス前あたりのセリフやシーンが冗長で「そんな悠長にしてる暇無いでしょ!」ってな場面が多いのが難点ですが、許容範囲です。 特にGEB部分の終盤での流れは個人的に大好きな展開・シーンが多いです。

GERになって追加されたエピソードも大きく外すこともなく、随所に「これはGE2(RB)への伏線なのかな?」と思えるものもあったりして、悪くない内容だったかなと。 ただ、若干クソゲーな神速種をメインに混ぜるのはどうなのかな……。

その他音楽とか。

楽曲はシリーズ通して良曲が多いので手放しにオススメできる部分です。 特に今作のOPテーマであるOver the cloudsは、個人的にはGEといったらコレ!ってなくらいに大好きな曲です。 alanの伸びやかでいやらしくない色気を感じられる歌声が最高です。

ゲーム内BGMも耳に残るものが比較的多く、ハンニバル戦の曲なんかはクワイアも入って荘厳さもあってかっこ良すぎです。 サントラ買っても損はしないでしょう。

グラフィックに関してはGE2RB+ってなところで、あちらよりも少しブラッシュアップされた程度。 PS4の性能を活かせているとはとてもいえませんが、安定した挙動を実現できていますし、大幅な進化は次回に期待といったところ。

地味な変更点としては、よーく見るとキャラの瞳が静止状態でも動いているんですよね。 実際、人間の瞳は一点を見ていても微動し続けていたりします。 これを表現したわけですね。 GE2RBにもなかった表現だと思いますし、よりキャラクターに血が通った感はあります。

また、個人的に気になっていたアネットがだいぶキャラが変わっておりまして……単なるマジメちゃんだったGEBから変わり、可愛い後輩キャラになっていて戸惑いました。 どっちのアネットも捨てがたし……! 縞パン!!

アネットの縞パン
縞パンズ。

応援したい気持ちもリザレクション。

GE2RBクリア後は、その方向性や完成度などに暗澹たる気持ちが渦巻いていて、次くらいでもうGEとはお別れかな……と思っていましたが、なんとかかんとか、今回でもう一度応援しよう・信じてみようという気持ちがリザレクションしました。

長ったらしく書いたプレデタースタイルがとにかく楽しくて、ああでもないこうでもないと悩んで、試してみて、また悩んで……そうして自分の戦闘方法を確立していくのがイイんです。

もちろん、こちらも長ったらしく書いた難易度(曲線)調整の雑さは相変わらずで、今回の新規プレイヤーを新規ファンとして取り込むには調整不足感は否めず、こうしたところを今後改善する気があるのかが今後の課題となっているんじゃないかなと。

ただ少なくとも、前作よりは(たまたまかもしれませんが)ユーザー目線に立てていた印象なので、大枠として三度目の正直となるGE3(仮)で、より完成度の高い作品を作り上げて欲しいところです。

とはいえ、トータルで見るとかなりの良作・力作になっています。 本作からGE2RBに入るのをオススメ「したくなくなる」くらいには楽しめるものになっていますので……エンディングに至るまでところどころ狂ったバランスに悩まされるかもしれませんが、気になった人は遊んでみてください。

GOD EATER RESURRECTION – PS4
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格   ¥ 9,780
  • 販売者 ベストプライスハウス 本店
クリックして今すぐチェック
GOD EATER RESURRECTION – PS Vita
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格   ¥ 4,280¥ 5,627
  • 販売者 MRLL
クリックして今すぐチェック
タイトルとURLをコピーしました