「Superflight」心地よさとスリルを味わえるアクションゲーム。

Superflight イメージ

ウイングスーツを身にまとって、空を高速で飛び回る本作。 シンプルな見た目に反して心地よさ・スリル・中毒性があり、たびたびやりたくなりそうなゲームです。

スポンサーリンク

: ギリギリを攻める快感。 秀逸なアンビエンス。

ではまず、公式トレーラーと、私の拙いプレイ動画をどうぞ。

ルールはシンプルで、浮遊する大地の周囲を飛び回ってスコアを稼ぐ……そんな感じのゲームです。

スコア自体は地表や岩壁に近いあたりを飛ぶほど伸びやすく、狭所……特にトンネル状だとよりスコアを伸ばせます。
それゆえ、スコアを稼ぐ場合は墜落や激突の危険を冒して、地表や岩壁スレスレを飛ぶことになります。

ただ、ルールはそんな感じなんですが、スコア稼ぎを意識しなくてもスレスレギリギリを攻めたくなるのが本作の魅力。

操作キャラの挙動こそ、最初は思うように飛ばせずに何度も墜落死激突死をしてしまうかと思いますが、ある程度慣れてくるとその挙動がクセになってくるんですよね。

本当に風を感じ、風に乗って飛んでいるかのような挙動、そして臨場感を増幅させるアンビエンス……つまりは、風にまつわる音や視覚効果によって、シンプルな見た目とは裏腹に没入感とスリルを産んでいるんです。

気がつくと私は、スコアそっちのけでギリギリ通れそうな狭所に高スピードで突っ込んで(そしてかなりの確率で激突死して)みたり、角度的に厳しいルートをあえて突破してみようと何度も挑戦してみたりと、純粋にフライトを楽しんでいました。

一回あたりのプレイ時間は短い(というかプレイヤー次第)ですが、それゆえ手軽にプレイできますし、前述のようなやみつきになる飛行感も手伝って、ちょこちょこプレイしてみたくなる魅力を秘めているように思います。

ちなみに本作に登場する地形はランダム生成なのですが、その生成に関してはSeed値を使うことでもマップを生成することができます。

Seed値

Seed値は、値と言いつつ文字列でも可能。

これは同じ数値なり文字列なりを入力すると、全く同じマップをプレイできるので、Seed値を共有することでフレンドと一緒のマップをプレイする/させることが可能になっています。

スコアが稼ぎやすいとか、難解な地形だけど飛ぶのが楽しいマップとかをお互いに共有すれば、より楽しめる要素だと思います。

そんな手軽でエキサイティングな本作はSteamで販売中。 とても安価なゲームなので、気になったらぜひ。

Superflight (Steamの商品ページ)

投稿者プロフィール

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする