「モンスターハンターワールド: アイスボーン」βテストに参加。 無印が好きなら楽しめるでしょう。

NHW:I βテストPS4
現時点では、いい意味で変わらない楽しさを感じられる。

本編発売に先駆けてMHW:Iのネットワークテストが始まりました。

今回はバフバロという新モンスター、懐かしのティガレックスともやりあえるということで参加してきましたよ。 もちろん、追加アクションも体験できるようになっています。

正統進化……というより、無印の状態を崩さずに諸々の要素を追加しているためか、新要素はよく馴染んでいて、取れる戦術の幅は広がりましたが、基本部分は無印といい意味で一緒なので、それほど書くべきこともなく……あっさりめの記事にいたします。

なお、本記事は無印(MHW)プレイヤー向けのため、MHW未プレイの場合は、以下の記事から読まれるといいかと思います。

スポンサーリンク

続編ではなく拡張であるため、大部分はそのまま。

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』WEBCM ティザー篇

本作はこれまででいう「G(級)」にあたる拡張版であり、同梱(完全)版のほか、アペンド版も用意されています。 追加される難易度の名称もG級からマスター級へと変更されていますが、上位クエストを上回るクエスト群……という立ち位置には変更はありません。

だけでなく、無印にはなかった寒冷地フィールドや、新規モンスター、新アクションなどの追加も行われており、もちろん無印に登場したモンスターもマスター級が用意されることで、更にスリリングな戦いが用意されるわけですね。

とはいえ、あくまでも本作はMHWの“拡張”であって“続編”ないし“新作”というわけでもないので、基本的な部分はそのまま。 遊びの楽しさや共闘感、自分なりのベストを追求する装備・装飾品選び……などなどは変わらず楽しめます。

なのでまぁ、本作に興味を持つ人はほとんどが無印プレイヤーでしょうし、であるならば、改めてMHWの良さを説いたところで釈迦に説法。 書くことはほとんどない……というのが実情です。

ただ、それでは記事にする意味もないので、追加要素に触れつつ、βテスト範囲で書けることを書いていきます。

追加アクション・ギミック: 無印のアクションによく馴染む。

今回、各武器種に追加アクションが実装されたほか、クラッチクローというものが追加されました。

射程こそスリンガーなどには及ばず、中距離くらいまでしか届かないものの、敵に向かって射出することでしがみつき状態へ以降することができます。

この状態からいくつかのアクションを実行することができ、向きを変える・攻撃を繰り出し肉質を軟化させる・ぶっ飛ばす……といったことが可能です。

これらを駆使することで罠にはめやすくなったり、ダメージ効率を上昇させたりできるので、より戦い方に幅ができるのではないかなと。 もちろん、完全にコントロールするには仲間との(VCを介した)連携が必要になるでしょうけれども。

その他にもフィールドギミックが追加されており、それらと組み合わせたりなんだりする……ということで新鮮な遊びができると思います。

参考画像1参考画像2参考画像3
代替文字

今作では小型モンスターに騎乗も可能に。

参考画像2

オートラン機能も備えているので、ファストトラベルと使い分ければより楽にやれそうですね。

参考画像3

装衣や煙筒にも強化要素が。

これらの追加アクションやギミック、システム群はとてもよく無印のアクション群に馴染んでいるように感じられ、違和感なく受け入れられるかなと。

ついでにいうと、これらを強制されるようなこともなさそうで、単純に「できることを追加した」という範疇に収まっているのも○。

新要素をプッシュするあまり、あんまりホニャララ前提とかになってしまうと、結果的には幅・自由度を狭めることになってしまうので、このくらいの塩梅がいいと思います。

実際のプレイ動画など

……とまぁ、新要素について言えることはこれくらいのもので、追加アクションやクラッチクローは、習熟すればよりよい狩りにつながるだろうなぁという手応えがありましたし(もちろん使わなくてもどうとでもなる、とも思いました)、新たな(強化)システムも早く触ってみたいなぁと。

それ以外の部分はMHWの延長線上であるため、MHWを楽しめた人はそのまま楽しめるでしょう……というようなことくらいしか書けません。 無印が合わなかった人は本作を気にすることもないでしょうし。

というわけで、感想としては以上なのですが……まぁ、実際に動いているところを見ないと!って部分もあるかと思うので、私のへっぽこハンターっぷりを露呈する動画などを用意しました。

「自分ならもっとうまくやれる!」とかそんな感じで、来たる新たな狩りに思いを馳せてみてください。

「モンスターハンターワールド: アイスボーン」βテスト バフバロ戦
こちらは新モンスターのバフバロ戦。
「モンスターハンターワールド: アイスボーン」βテスト ティガレックス戦
そしてこちらは懐かしのティガレックス戦。

そして、料理は今回も超絶美味しそうなのでありました。

現状特に不安なし。 まだ見ぬモンスター、懐かしのモンスターに早く会いたいです。

というわけで、追加要素部分は手触りが良かったですし、無印では戦えなかったモンスターとの戦いも大いに堪能できました。 あとは自分で組み上げた装備セットで挑みたいところ……つまり製品版が待ち遠しいということであります。

繰り言になりますが、無印が楽しめた人は特に心配なく本作に入っていけることと思いますので、割と楽観して待っていていいのではないかな、と思います。

(記事公開時点で)後日、PS Plus非会員でもプレイする機会が設けられているので、気になる方は一人でも多く触ってみるといいと思いますよ。

ちなみに、無印のディスク・DL版を持っている場合はアペンド版(拡張単体)を購入すればOKで、無印が手元にない場合は、全部入りのマスターエディションを購入することになります。

モンスターハンターワールド: アイスボーン(アペンド版)

モンスターハンターワールド: アイスボーン(アペンド版 デジタルデラックス)

モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション 【Amazon.co.jp限定】オリジナルアクリルキーホルダー - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション コレクターズパッケージ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルアクリルキーホルダー - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション コレクターズパッケージ - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン コレクターズパッケージ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルアクリルキーホルダー - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン コレクターズパッケージ - PS4
モンスターハンターワールド:アイスボーン コレクターズパッケージ – PS4
  • カプコン
  • 価格   ¥ 7,100¥ 15,888
  • 販売者 株式会社インヴァスト 古物商許可番号 秋田県公安委員会許可 第231130002382号
クリックして今すぐチェック
モンスターハンター:ワールド Best Price(再廉価版) 【Amazon.co.jp限定】オリジナルデジタル壁紙(PC・スマホ) 配信 - PS4