「Bloodborne」ついに発売! 獣を狩って狩られて来たよ

Bloodborne イメージ PS4

正直あまり期待しすぎないようにしていたんだけど……これは……!! 高難易度ARPG・Bloodborne(ブラッドボーン)のプレイレポートとなります。

ダクソ2を冒頭でぶん投げていたので、今回もハマれるかどうか怪しかったんですが、杞憂だったようです。 ロードの長さという問題を抱えているものの、死闘感・探索感とも十分に楽しめ、多くのプレイヤーを魅了してくれそうな予感がしますよ。

スポンサーリンク

ああ、なんか帰ってきた気がするなぁ……。

一応私はデモンズソウルからのプレイヤー。 シリーズファンといってもいいのかもしれませんが、腕前の方はお察しといったところで文字通り下手の横好き。

ダクソまでは好きだったものの、ダクソ2ではコレジャナイ感を強く感じて序盤で断念していたこともあり、今回のBloodborneは○○ソウルシリーズとは別作品とは言っても期待半分不安半分といったところでした。

そんな期待と不安が入り交じる中プレイしてみたのですが……どうやら期待のほうに応えてくれたようです。 とりあえずプレイ動画も用意しましたのでどうぞ。

探索感はダクソ譲りな感じで、戦闘はこれまでとはまたちょっと異なる緊張感がありますね。 というのも、盾がすぐには手に入らない&システム的に「攻撃が最大の防御」なシステムだから。

○○ソウルシリーズと決定的に異なるのがリゲイン。 動画中でもサラッと説明していますが、これは攻撃を食らったあとにすぐに反撃すれば、一定量は体力を回復できるというもの。 回復アイテムの輸血液を節約出来るだけでなく、これを意識的に使うかどうかでも攻略方法に幅が出そうです(私はチキンなのでなかなか狙えませんが)。

その他のシステムも名称を変えて旧来のシステムをアレンジしたものが多いですが、戦闘周りのシステムなんかは見た目以上に感触が変わっている感じで、うまく表現できないもののデモンズともダクソともまた違う感触だなぁと。 エフェクトとサウンドのおかげで湿り気のある爽快感も増しています。

○○ソウルシリーズからのファンにとってもそれほど違和感なく入り込めると同時に新鮮味もあるということですね。 完全所見プレイヤーにとっては、やはり今回も屍の山を築き上げてもらうことになるでしょうが……。

ただ、今のところダクソ2で感じた理不尽感は感じられず、何度でも挑戦したい!と思わせてくれる塩梅になっているので、序盤で死にまくっても苦になりません。 とにかく死にますが、学習と工夫で難局を乗り越えていくというトライアルアンドエラー感(そして突破した時のカタルシス)は、なかなか他では味わえないものです。

……これでロード時間が長くさえなければなぁ。

死にやすいゲームでロード時間が長いのは苦痛

ザコがちっともザコではなくて、とにかく死にまくるという高難易度な○○ソウルシリーズが受け入れられたのは、おそらく死亡復帰後のロード時間が苦にならないレベルだったからかもしれません。

過去作ではロードは長くても10数秒くらいだったので、「死んだあとの怒りや悲しみを覚まして冷静になれる時間」、いわばクールダウンみたいなもんでちょうどよかったんです。

が、本作は基本的に20~30秒くらいロードに時間がかかるんですよね(短い時は10数秒だったりしますが)。 長いともうちょっとかかったりして、たっぷりと冷静になれるんですが、冷静になりすぎて逆に長ったらしいロードにイライラするというアレ。

ロード中にTipsでも表示してくれればまだ暇つぶしにもなったんでしょうけれども、今回はそういったものもないので、ひたすら「Bloodborne」の文字を眺めるくらいしかできないのです。

Bloodborne ロード画面
黒背景に白文字のロゴが浮かぶ、シンプルすぎるロード画面。 せめてTipsなどを表示してくれれば……。

最初のボス撃破までにも10回以上は死んでますが、そのたびにこのロードが挟まれるのが結構苦痛でした。 ここだけが、今のところの唯一の不満と言えます。

ただ、「『Bloodborne』のロード時間改善パッチが模索中―海外向け声明で | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト」という記事もあり、改善される可能性はゼロではないのかなと。 ゲームの規模的にもロード時間10秒以内とは言わないので、せめて20秒以内くらいに安定して収まってくれると嬉しいなぁ……。

歯ごたえのあるゲームに飢えている獣……じゃない、人は是非!

っというわけで、ロード時間の長さがほとんど唯一にして大きめの不満ですが、逆に言えばそれくらいしか不満点がないとも言えます。 死なないような立ち回りを覚える動機付けにもなりそうですし(適当)。

バランス的にはパッチ修正後のデモンズに近い気もしますし、それとも違う気もしますが、とりあえず今のところは私好みのデザインになっていて満足。 この先心を折る場所も多く出てくるとは思いますが、それでも最後まで時間がかかっても完走させてくれそうな気がします。

また、そんなゲームプレイを彩るグラフィックや雰囲気・空気感・楽曲も秀逸。 ファンタジーでありながらファンタジーすぎず、独特のダークさや血生臭さ、怪しさがたまりませんね。

高難易度ながら理不尽感をそんなに感じないという絶妙な具合。 強大なボスと死闘を繰り広げて勝利した時の達成感は筆舌に尽くしがたいので、そうしたカタルシスに飢えている獣のような狩人素養がある人は是非挑戦してみてくださいね。

では最後に、いくつかスクリーンショットを。

Bloodborne 生まれ
生まれ選択。 生まれるべきではなかった、ってひどすぎるwww
Bloodborne キャラメイク
賢いのかもしれない、ってなんかバカにされてる感ある。
Bloodborne キャラメイク 女
美形を作ろうとする時点で心が折れそうでした。 なお、若年女の声がなんかエロいです。 断末魔は凄絶ですけど。
Bloodborne キャラメイク ただのおっさん
美形じゃなく、ただのおっさんなら……?
Bloodborne キャラメイク 男
特徴的なメガネ、モノクルのほか、サングラスも独特な持ち味が。 これはなんかスチーム/サイバーパンクな印象が。
Bloodborne ステータス画面
ステータス画面。 重さの概念がなくなった? 現に、どっすんローリングは今のところ発生していません。
Bloodborne 自キャラ
自キャラ近影。 装備は下水道っぽいところで拾った一式装備。 返り血の表現なんかも次世代機感あります。