敵も味方も爆発四散!な「Broforce」が、笑えて気持ちよくて爆発です。

Broforce イメージ PS4

筋肉だ! 爆発だ! Broforceだ!

……ということで(?)、往年のアクションスターを彷彿とさせるキャラが、飛んだり跳ねたり爆発したり肉片になったりする、爽快な2DバカACT・Broforceのご紹介です。

実際やってみないとわかりにくい楽しさが、そこにある。

スポンサーリンク

互いの死を笑い合える仲間とプレイすれば楽しさ倍増!

友人ら3人で本作をプレイしてみた動画を用意しましたのでどうぞ。

ゲームとしては、基本的には敵を倒しつつ最後に待ち受けるタキシード姿の悪魔?をぶっ飛ばしてヘリで脱出する……というもの。 非常にシンプルな内容ですが、それがわかりやすく・とっつきやすくてGood。

動画には私達の会話音声は入っておりませんが、裏では終始叫びや笑いが止まらない始末なんですよね。 とにかく笑えて楽しい!

2016/03/21 追記:
4人プレイ&VCも収録した動画を用意しました。 私たちオッサンたちがはしゃぐ様をご堪能ください。


アクション自体は、Bro(アニキ)ごとにかなり使い勝手が異なるとはいえ、割とオーソドックスな2DACTです。 ただ、この使い勝手の違いとともに、開始時・復活時にどのBroを操作するのかがランダムで決まるのがなかなかのクセモノです。

また、道中に牢獄に繋がれている捕虜を解放すると残機が増えるんですが、この時もBroは交代してしまいます。 一定数解放すると新たなBroが参戦(=ランダム候補に追加)され、更に誰が来るやら不明に……(COOP時で仲間に死亡者がいる場合は、その人の復活がします)。

そんなこんなで、苦手・ビミョーなBroを引いてしまうと、なにもできないままそこらに横たわる結果にもなります。 ……いや、得意・強いBroを引けたとしても、ちょっとしたことで爆発四散することになるんですが。

そんなクセモノ揃いのBroをランダムで割り当てられて操作するというクセモノなシステムの上、プレイヤー側も敵の攻撃などが当たれば即死、リスポーン条件も限定的、と難易度はなかなか高め。 それでも苦なくリトライできるのは、ひたすらにド派手でバカで気持ちいいからなのでしょうね。

また、本作がユニークなのは、脳筋なBroたちの外観とは裏腹に、知能戦もある程度可能ということ。 テラリアなどのように、地中などを掘り進んで奇襲をしかけたりも可能なので、難局をどう切り抜けるかの戦法を、決死の突撃以外も用意されているのです。

無論、こちらが地形を破壊できるということはあちらも可能ということなので、逃げ隠れ続けることができない場面も相当数ありますし、本作の特徴でもある爆発の予期せぬ連鎖で、わけもわからぬまま肉塊と化していることもままあります。 そうして横たわる死体もなんだかかわいくて笑えてくるのが本作の魅力でもありましょう。

難点としては、私達のネットワーク回線の品質が悪いのか、それともPSNの不調か、あるいはBroforce自体が最適化されていないのか……原因がどこかは不明ながら、ラグが結構ひどいこと。 開始時直後に硬直したり、避けたと思ったのに次の瞬間には被弾して地面に転がってたり……ということが頻発します。 幸い、それでも笑えるのでいいんですが、できれば快適にプレイしたいところです。

ともあれ、ゲームの内容や操作自体は非常にシンプルで、特に往年のアクション洋画を楽しんだ人には嬉しいあの人やこの人がどんどん出てくるゲームですので、ご興味がある方はぜひとも友人らと爆発してください! Brofoooooooorce!!

Broforce(PS4) | PlayStation®Store 日本