「GOD EATER RESURRECTION」をプレイ。 前作よりストイックなACTに。

GER イメージ PS4

なんだかんだで体験版をやりつつもプレイ記事などを描いていませんでしたが、ゴッドイーター リザレクション(以下、GER)を購入し、プレイも開始しておりました。

GE2RBがかなりフラストレーションがたまる作品だったので過度の期待はしないでいたんですが、これがなかなかどうして、ストイック寄りなデザインで存外悪くなさげ。 少なくとも今のところは。

※2015/11/14 追記:
クリア後の感想記事書きました→「「GOD EATER RESURRECTION」クリア。 課題はあるものの良ゲー。

スポンサーリンク

派手さがなくなった代わりにストイックな印象が強くなった。

プレイ動画というか、どちらかというと今回が初GEプレイヤー向け?な動画を作ってみました。 プレデタースタイルの仕様や、基本システムを大雑把に説明した……つもりです。

GERはGE2(RB)よりも時系列的に前のお話なので、ブラッドアーツやブラッドレイジといったものはありません。 なので、絵面的にはあまり派手さがない……端的に言えば地味に映るかもしれません。

しかし、GERに搭載されたプレデタースタイルが思いのほか多様性に富んでいて、かつ、その効果もいい意味で頭を悩ませてくれそうな仕様になっていたのが好印象です。 ブラッドアーツのような高火力が恋しかったのもはじめのうちだけ。

プレデタースタイルを変更すれば挙動や性能が変わるのはもちろん、制御ユニットの付け替えによって、捕食後のキャラ強化の方向性も自分ごのみにある程度変更が可能になっています。

プレデタースタイルによって発動するスキルには、次の近接攻撃(射撃攻撃のもアリ)を一回だけ強化するもの、特定の属性耐性を強化するもの、溜め時間を短縮するもの、バーストゲージの減少スピードを低減するもの……などがあります。 装備以外でもスキル発動の機会が増えたわけですね。

以上からこれまでのどの作品よりも、よりアグレッシヴに捕食をせざるを得ない/したくなるような仕様になっていて、よりGOD EATERの名に相応しいデザインになったんじゃないかな、と。 まぁ、空中での捕食はなんで今までなかったんだ、ってな具合ですが。

また、GERには前作までのシステムの多くが継承されており、賛否はあるものの、スキルインストールやパーソナルアビリティなども引き続き登場するので、カスタマイズ幅という意味では前作に決して劣りません。

見た目には地味ながらアクションゲームとしての深みは増している印象なので、そうしたストイックなデザインが好きな人には、前作以上にハマる可能性があります。 逆に派手なアクションやエフェクトが好きな人は、ちょっと物足りなさを感じるかもしれませんね。

ストーリー部分は……まだなんとも。

ストーリー部分に関しては、評価の高いGE及びGEBの内容に加えて、GERからの追加エピソードも用意されているとのこと。 GERから前作のGE2(RB)に至るまでを補完するもののようなので、ストーリーのファンには嬉しいところではあります。

この動画は最初に掲載した動画に収録しようとして忘れたものを、そのままYoutubeにぶん投げたものです。

確認して欲しいところはGEやGEBからはもちろん、どことなくGE2RBからも更にテクスチャが高品質になったような気がするというところ(Vita版だと差はないかも?)。 もしかしたらライティングやポストエフェクトのおかげかもしれんけど。

ともあれ、ツバキさんの胸の揺れや魅惑のリップ……いや、むしろヒップ?などなどからも目が離せません。 もちろんサクヤさんの横乳にも、だ! アリサの下乳? もちろんさ! 嘆きの平原さんの平原っぷりや、まだ見ぬアネットの青い衝撃も(以下自粛)

※テクスチャといえば、地味に捕食時のエフェクトと効果音がよりグロッシーというか液体感のあるものになっていて個人的に○。

ともあれ、内容的には個人的にもGE1系>GE2系だったんで、GERのストーリーに不安は特にないんですが、追加部分に関しては不明ですし……一部「こんなもんだっけ? なんか足りないような」と思わなくもない部分もあったりします。

それが思い出補正なのか、それとも実際に何かが欠落しているのかは確かめようもないんですが、まぁ、GE2系よりはストーリーも楽しめると思います。

Q. GEをプレイするのははじめてなんだけど、ぶっちゃけ、どう?

A. 前作買うくらいだったらこっちの方がいいかもしれません。

アニメが放送されたりしている関係で、GERがシリーズ初参戦です!という人も少なからずいるかもしれません。 その人達にシリーズ中でオススメするとすれば、まぁ、本作かな、と。

しかしながらある程度のアクションゲーム適性は必要ですし、理不尽に耐えられる精神力も要求されるでしょう。 あと、ゴッドイーターじゃなくてコンゴウイーターじゃねぇか!的な諸々の雑さを受け入れる心の広さも。

ゲームとしてもモンハンフォロワーの狩りゲーとしては成功している作品の一つであり、かなりピーキーなゲームでもあるんですが、全体的なハイテンポさが独特な楽しさを生んでいる点が他の類型ゲームとの大きな差でしょうかね。

また、狩りゲーにおいて軽視されがちなストーリーやキャラの描写に力を入れていたのも特徴的であり、割とヘヴィでダークでアツいとことはアツい感じが魅力的な作品となっています。

ちなみに前作(物語上は続き)であるGE2(RB)ですが。 本作のゲーム性が肌に合うのなら、GERをひととおり遊びつくした後にでも前作GE2RBに挑戦する……くらいでいいと思います。 あっちはバランス・ストーリー的にもイマイチですが、楽しめないこともないので。

※GE2RB(ゴッドイーター2レイジバースト)は、GE2(無印)に追加要素等を追加した完全版です。 GE2RBを購入/プレイすれば、GE2を購入/プレイする必要はありません。

追記: ピルグリムはどうなったか。

難易度5にして初心者殺しの難所・ピルグリム。 GEのミッションの中でも知名度が無駄に高いこのミッションは、コンゴウ4体を同時に討伐するというものです。

最初は2:2で分断されているんですが、下手に合流しようものなら……もうひどい乱戦になります。 以降、なぜだか“コンゴウの混合率”が高まり、同時討伐系のベースになってしまった感があります。

GEBでは結構苦戦した(鬼畜ゲーだった初代だとここで投げた人が非常に多かったと聞きます)ので、それなりの覚悟をもって挑んだ……のが次の動画。

※ところどころ映像が一時停止しているのは、エンコードの過程での問題です。 処理落ちではないです。

今回も少し苦戦して回復アイテムも何度か使ったものの、割とすんなりいけました。 私が多少なりとも以前よりうまくなったからか、それとも、このミッション難易度が下方修正されたからか……。

いずれにせよ以前ほどは苦戦しなかったものの、依然として初心者には厳しいミッションには変わりない印象ですね。 うまく分断する&合流させないで確実に一体ずつ潰していけばなんとかなります。 コンゴウ通常種ですし。

ちなみに装備していったアサルトのギガス砲にはトリガーハッピー(STを消費しつつ射撃可能)が、タワーシールドのリュストゥンギアには受け渡しバースト(受け渡すと自分もバースト)がついています。 これらスキルがあったことで楽できた感があるので、ピルグリムで苦戦している人は参考までに。

ひととおり、適当に遊ばせてくれればいいなぁ。

ミッションや難易度の考え方はどうなったのかな?とか色々思わないでもないですが、追加エピソードも含めて適当に遊ばせてくれると嬉しいですね。

こう、アホみたいにストーリーミッションに苦行でしかないサバイバルミッションを何度もねじ込んできたりしていた前科があるので、どっかしらで怒りがレイジバーストする可能性もないではないんですがね。

今回は幸い、共に騒げる友人が参戦しているので多少の理不尽感も和らげられると思いますが、だとしても、メイン部分では開発の頭とセンスを疑うような仕様・構成のミッションなどは御免被りたいところです。

とはいえ、個人的なモチベーションとしてはアネット・ケーニッヒのHD青い縞々(とそのお声)を確認したいというモノがあるんで、なんだかんだでやってしまいそうではあるんですがね。

波に乗れたら、GE2RBもちょっとリベンジしたいところですが、果たしてどうなるやら。

GOD EATER RESURRECTION – PS4
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格   ¥ 8,200
  • 販売者 星月コーポレーション
クリックして今すぐチェック
GOD EATER RESURRECTION – PS Vita
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格   ¥ 5,600
  • 販売者 You Select オンライン【誠実・迅速な対応】【全額返金保証・各種お支払い対応】
クリックして今すぐチェック
GOD EATER RESURRECTION クロスプレイパック&アニメVol.1 限定生産 – PS4/PS Vita
  • バンダイナムコエンターテインメント
  • 価格   ¥ 11,430
  • 販売者 メロースタイル
クリックして今すぐチェック