「ファントムブレイカー:バトルグラウンド」プレイしたよ。 値段相応には楽しめるかな。

ファントムブレイカーバトルグラウンド イメージ PS4

PS Vita版をプレイしたのもお盆の頃の話なんですがね! 今更感!!

まぁ、そんなのはみなさんには全くもって関係のない話で、とりあえずプレイログを掲載するものであります。 粗も多いけど、DL版の価格相応な出来・内容といったところでしょうかね。

スポンサーリンク

格ゲー原作のスピンオフ。 ベルトスクロールアクションに。


本作はファントムブレイカーという格ゲーを元に、レトロな2Dドット調&キャラをデフォルメしまくったスピンオフ作品で、ジャンルもベルトスクロールアクションになっています。

私は格ゲーがてんでダメなので、当然ながら原作はプレイしてないです。 それゆえ登場キャラの人間関係やら細かいストーリーはさっぱりですが、だからといって全く楽しめないものでもなかったです。

戦闘シーン
画面を埋め尽くすような数の敵を、様々な技で蹴散らしていくハック・アンド・スラッシュなゲーム性です。

まぁ、基本的に出てきた敵をぶっ飛ばして先へ先へ進んでいくゲームなので、ストーリー性はそれほど重要じゃないんですけれども、それなりの数がいるプレイアブルキャラごとに微妙にかけあいが変化(しかもフルボイス)するんで、原作ファンには嬉しいところじゃないでしょうか。

基本的には爽快感高めなゲーム性ですが、作り込み・バランス調整は必ずしもいいとは言い切れず、ストレスフルな部分も。

例えば、本作は2ライン(手前と奥)の概念があって、そこを行き来しつつ戦っていくんですが、このライン表現がイマイチ。 敵がどちらのラインにいるかわかりにくく、飛行している敵に至っては影が落ちていないのでさっぱりです。

おまけに、デカい敵が手前のラインにいると画面を専有してしまい、透過したりもしてくれないので視界を堂々と塞いでしまったりと、ユーザビリティの観点からはNGな仕様だったりもします。

他にも嫌らしい敵が“相当なレベルで嫌らしい”(が、対処法はちゃんとあるのでまだマシ)などといった点もあるにはありますが、そこは適度な歯ごたえということでマイナスではないですかね。

ちなみに各ステージで手に入る赤いジェム?のようなもの(経験値アイテム)を得ることで、ステージ終了後にレベルアップとキャラ強化が可能となっていますが、これもやや説明不足感が。

攻撃力や防御力のようなスタンダードなものの他に、敏捷性を上げる項目があるんですが……実はこれが最重要パラメーターだったりします。 というのも、これは移動速度とかではなく技の出の速さ。 これを上げないと、技を潰されがちになるので難易度が急上昇してしまいます。

この辺の説明が少なくともプレイしたVita版では明示的ではなかったように思うのが個人的には「うーん」といったところでした。

とはいえ、連続コンボを決めたり、大量の敵をバカスカ倒していくのは気持ちいいのも確か。 それ故に、こうした決して小さくはない不満点が勿体無いと感じてしまいますね。

ドット絵がキュート! いい仕事してますね~。

割とインディーズを中心にレトロ調のゲームが目立ちますが、決して楽ではないものの、3Dモデルを作りこむよりはコスト的に優しいということでレトロ調にしているものが多くなっている印象です。

そういうゲームって、レトロな2D調である意味・味がほとんどなくて、とりあえず2Dで……みたいなニオイがするもんですが、本作はかなりこだわって作られているのが好印象。

ビル屋上にて
デフォルメされたキャラたちはとてもかわいらしく、アニメーションもよくする。
唯月
一通り初期キャラを触った中では、この唯月(いつき)というメイドさんが使い勝手とキャラの可愛さでお気に入り。
唯月と心愛
心愛(ここあ)も好きです。 というか、唯月と心愛のかけあいを見ているとニヤニヤできます。 かわいい。

ドット絵はシンプルで楽(手抜き)という印象を受ける人は少なからず存在しますが、そうではありません。 もちろん、作業工程を簡略化して手抜きする意味で2Dドット絵にするゲーム開発者もいますが、本作のこれはドット絵に力を入れているのが一目瞭然。

可愛さのツボをおさえるのは当然ながら、キャラの表情がとても豊かにコロコロ変わるので、見ていて楽しいんです。 あの限られたドット(ピクセル)数の中で魅せるというのは、むしろとても難しいことなので、グラフィッカーの技量と愛次第といったところです。

本作のグラフィックは2Dとしても目を見張るレベルというほどではないものの、その雰囲気や方向性、動きはかなりのものですね。 2Dが好きならきっと目を楽しませてくれるはず。

内容・完成度的にDL版で妥当か良好な価格。 パッケ版は高い。

というわけで大雑把に書いてきましたが、ゲーム内容としてはシンプルそのものなので、それほど多く語れる部分があるわけではありません。 原作の格ゲーを知らないのでキャラ愛を語るべくもないですし。

他方、ベルトスクロールアクションとしては価格相応かプラスアルファの内容と完成度かなぁと。 といってもDL版(¥1200~1500ほど)のお話ですが。

基本的なアクション戦闘部分は手軽で爽快、かつそこそこの歯ごたえがある場面もあり、難易度調整がイマイチでもまぁまぁ楽しめます。

上にも書いたようにメイン4人の各キャラごとにストーリー上出くわす人物とのかけあいもだいぶ変わりますし、ストーリーなしのキャラも含めればそれなりのボリュームともいえます。 水増しと捉えればアレですが、以上から¥1000ちょっととしてはかなり遊べる方なんじゃないかなと。

一方で、PS Vita版のみに存在するパッケージ版のフルプライス(¥5000弱)の価値はないとも思います。

とはいえ、パッケ版には各種DLCのほか、サントラ(個人的には曲はイマイチ)や攻略本風設定資料集などがついてくるので、DLCまで含めてガッツリ遊んでみたい場合や、そうしたサントラや設定資料集のようなアイテムに興味があれば買ってみてもいいのかな、とも(ゲームはDLコード形式らしいので中古での購入は要注意)。

原作格ゲーファンが主なターゲットでしょうけれども、ベルトスクロールアクションが好きな人、かわいらしいドット絵に目がない人なんかも程よく楽しめると思うんで、興味がある方はサクッと遊んでみてはどうでしょうか。

本作はPS Vita/PS4/PC(Steam)などで配信中です。

ファントムブレイカー:バトルグラウンド(PS Vita版のPS Storeへのリンク)

ファントムブレイカー:バトルグラウンド オーバードライブ(PS4版のPS Storeへのリンク)