ぬいぐるみパズル?シミュレーター?な「Plush」をプレイしてみたよ。

Plush イメージPC

ぬいぐるみ。 かわいいですよね。 新品のフワフワモコモコもいいし、長年のつきあいでクタッとなった感触もまた愛おしいものです。

そんなぬいぐるみを使った、パズルっぽい自称シミュレーターゲームのPlushをご紹介。 今回はちょっと新たな試みもあるよ!

スポンサーリンク

愛らしいぬいぐるみをすべてHAPPYにしてあげるゲーム。

Plushは、ベッド上のぬいぐるみすべてをHAPPYにしてあげるパズル・シミュレーターです。 どの辺がシミュレーターなのかはわかりませんが、公式の概要説明でシミュレーターと言い張っているのでシミュレーターなのでしょう。

文字で書くよりは動画で見てもらったほうが早いので、動画を用意しました。

ただ、いつもと違うのは今回新たな試みとして「管理人による音声コメント入り」でございます。 実況とか解説とかそんな立派なものではないし、カミカミボソボソでアレなので“音声コメント”としています。 抵抗がない方だけご覧ください。

※冒頭1分間ほどはグダグダと言い訳だったりなんだったりが続きますので、お急ぎの方は飛ばしてください。また、音声コメントは試験導入です。 今後しばらく続けてみますが、芳しくないようであればとりやめますのでフィードバックいただけるとありがたいです。

音声コメントなんていらねーよ!という方は、以下の公式トレーラーを参考までにご覧ください。

非常に眠くなるようなリラックス系BGMをバックに、ラグドール状態でぐにゃぐにゃなぬいぐるみを操作して、全部のぬいぐるみがHAPPYになれる配置にするという作品になります。

登場するぬいぐるみはクマ・ユニコーン・ポニー・ネコ・カバ・スカンクの6種類で、どれもがとてもかわいいです。 個人的なお気に入りはスカンク。 HAPPYになれる条件などはぬいぐるみごとに異なったりもします。

全40ステージが存在し、Easy/Normal/Hardの3種類の難易度が存在。

Easyは特に制限はないですが、Normalになるとカーペット(床)にぬいぐるみを落としてしまうとやりなおし。 HardになるとNormalと同じ特徴に加え、更にアシスト表示(HAPPYになれるサークル表示など)がOFFになるので結構難易度が上がるかと思います。

のんびりマッタリと楽しんでもいいですし、オンラインランキングに対応しているので、いかに速くパズルを解くかを競ってみるのもいいでしょう。

なお難易度Easyにおいて、操作や一部のぬいぐるみの特性で画面下の方までぬいぐるみが吹っ飛んでしまうと、そのぬいぐるみを操作できなくなり、やり直しになってしまいますのでご注意ください。

見た目にもかわいいし、そこそこちゃんと遊べるゲームになっているので、ご興味がある方は是非ぬいぐるみ遊びに興じてみてはいかがでしょうか。