「VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI- 」をプレイしてみたよ。 アクション○、キャラ・物語△……?

ヴァルキリードライヴ ビクニ イメージ PS Vita

ついに発売となった、新たなおっぱいアクションゲーム、ヴァルキリー・ドライヴ ビクニ。

精神的前作?の閃乱カグラファンとしては見逃せない本作、プレイしないわけにはいかないので、プレイしつつファーストインプレッションをば。

アクション性は高まったものの、少なくとも今のところはキャラ・ストーリーともにあまり魅力を感じない、かな……?

スポンサーリンク

アクションはスタイリッシュアクション寄りに。

プレイ動画を用意しましたので、参考になれば。

基本的な操作体系は閃乱カグラに近いもので……閃乱カグラ未プレイの人に向けて言うならば「オーソドックスなACTの操作体系です」となるでしょう。

□ボタン/△ボタンを適当に押すだけでもコンボが繋がり、敵をなぎ倒していける。 真・三國無双シリーズ登場以来、“無双系”といえるひとつのジャンルになった、あんな感じの操作体系です。

しかし本作はあれほど多くの敵が出てくるわけではなくて、エリア制圧しながら進んでいくことと、空中コンボなどといった要素からデビル・メイ・クライのようなスタイリッシュアクション寄りの設計になっているように思えます。

その点で女の子が衣服を破いたり破られたりしながら、敵を倒し突き進んでいく……というコンセプトを同じくする閃乱カグラとは、大きくプレイ感覚が異なります。

閃乱カグラが無双シリーズのように誰でも手軽に爽快感を感じられるゲームだとしたら、こちらは上達すればより華麗かつ爽快に敵を倒せるようになるゲームですかね。

無論、動画中でも言及しているように、全システムを使いこなしたりしなくても楽しめるようにもなっています。 門戸の広さはスタイリッシュアクション寄りになっても広くとっているということですね。

ただ、ファントム(追撃攻撃)やダウン後の回避行動による復帰など、一部の操作判定がシビアないしレスポンスがよくないのがイマイチ。 特にチュートリアルで顕著で、ファントムの操作がなかなか成功しなかった記憶があります。

慣れてしまえばある程度改善するものの、今でもうまく反応してくれなくてコンボにつながらなかったりするので、もうちょっと判定甘くても良かったんでは?とは思いますね。

また、初期状態のカメラが近すぎる上、エリア移動を挟むとカメラの距離がリセットされてしまうので、いちいちカメラを引かないといけないのも地味に面倒です。

……とまぁ、不満も少なからずあるものの、だいぶよくできたACTになっているかなと。

キャラとストーリーに難。 あまり感情移入も没頭もできない。

正直、ストーリーはそれほど期待していませんでした。 閃乱カグラも“思ったよりは”ストーリーも楽しめただけであって、キャラゲーにストーリーを求めるのもどうかな?と思わなくもないので。

しかし、それであっても本作のストーリーは魅力に欠けます。

Aウイルス・Vウイルスが蔓延していて、Vウイルスの治療のためにビクニ島にやってきた少女たちが、治療のために時に協力し時に敵対しながら戦っていく……という感じなのですが。

意図的なのかもしれませんが、そのウイルスの猛威や現在の情勢というものがあまり伝わってこず、プレイヤーとしてのモチベーションに寄与していないんです。 実際、登場するキャラも危機感のなさそうなキャラばかりですし。

こういうキャラを隠れ蓑に、実はハードコアでポストアポカリプティックな設定や世界情勢だったらギャップが印象に残るでしょうが、今のところはそんなこともないので、どうにも入り込めないんです。

キャラの方も大半が「まぁ、うん」っていう程度にしか印象に残らず、キャラ愛だけで進めるのも個人的には難しい状況です。

プレイアブルキャラでは、

九頭竜桃 イメージ

「殺すぞ」「どうでもいい」が口癖の九頭竜 桃がそれなりに好きです。 外見と中の人補正が強いですが。 非プレイアブルキャラでは、

越後屋

購買部担当の越後屋が好きです。 外見と中の人補正がやはり強いですが。

全体的にキャラデザや3Dモデルの方向性が好みじゃないってのも過分に影響があるとは思うんですが、少なくとも現状は「ウォォッ!」となるような魅力はないですね。 むしろ、どこに魅力を感じればいいのかわからない、といったほうがいいのか……。

もちろん、これらは現段階(たぶん全体の3分の1くらい?)の進度での印象ですので、キャラやシナリオを語るにはいささか早いかもしれませんね。 今後大化けするかもしれないし、ぜひとも大化けしてほしいものですが、果たしてどうなるやら。

まだちょっと青いかも。 熟すのを待つべきか。

ひととおりストーリーモードをクリアしてみないとなんともですが、今の段階ではまだ青い果実といったところで、アクションの出来が結構いいという以外は、個人的にはあまりピンとこない部分が多かったですね。

確かにえっちぃシステムなんかは好きですし、ストーリーも独自性のある設定を盛り込んでいるとは思うんです。 しかし、なんといいますか、独自性はあるものの……それが本作の楽しさや面白さ、持ち味にそれほど繋がっていないとも感じちゃうわけで。

とはいえ、新規IPのコンシューマー版ゲームとしては処女作なわけで、これで今後までの是非を下すのも時期尚早なのかなと。 素材自体は良さそうですし、好きなコンセプトのゲームではあるんで熟すまで待つべきかな~とも。

現状でも見た目はかわいい系で爽快感もあるアクション部分もあり、そしてえっちぃイベントやシステムがあったりするんで、適当に遊ぶにはちょうどいい塩梅にはなっていると思います。

なので、どこかにピンとくるものがあれば手を出してみてもいいんじゃないでしょうかね。 どうしても私は大好きなシリーズである閃乱カグラと比較して見てしまっているフシがあるので、そこは自分の感覚を重視したほうがいいと思います。