「シン・ゴジラ」のBDが届いたら、中毒症状が再発した。

シン・ゴジラ

先日発売となった「シン・ゴジラ」のBD。 本編+特典×2の3枚組BDを購入したんですが、再び中毒症状とでも言うべき状態になってしまいまして……。

本編もさることながら、特典ディスクが本作ファンならば必見の内容だったので、書いておきたいなと。

スポンサーリンク

本編: どんどん通算視聴回数が増える……。

本編に関する感想は、以前運営していたブログのこちら(ネタバレなし)こちら(ネタバレあり)に書いたとおりで、大満足だったわけなんですけれども。

劇場に2度足を運んだだけでは飽き足らず、BDが届いたその日のうちに2度も見てしまいました。 どんだけ飢えてるんだ。

というのもですね、1回目は普通に見たんですが、本BDには字幕がついていることがわかりまして。 セリフとして専門用語が早口で飛び交う本作では、聞き漏らし・間違いがあるということで、日本語字幕つきで2回目を見たんです。

音声が重なる部分も多いため、全部が字幕に起こされているわけではないのですが、それでも十分に理解度を深められる結果となりました。

スクショ1

本来は聴覚面のサポートとしての用途目的でしょうけれども、

スクショ2

目まぐるしくシーンが切り替わり、膨大かつ高速なセリフが交錯する本作にあっては、理解度を高める意味でも有意味です。

そして、本作のテンポとサウンドが、作業中などのBGVにもピッタリなんですよね。 普通に見てもよし、垂れ流してもよし。 サイコーです。

そんなこんなで、その後も数度再生しており、通算視聴回数がどんどん増えていく結果に……。 完全に中毒ですね、コレ。

特典ディスク: 2枚のうち、2枚目の内容はファン必見。

本編はそんな感じですが、かなりボリュームのある特典ディスクの内容も満足できました。 特に2枚目。

1枚目は予告編集やイベントでの模様を収めたものになっていて、イベント映像はともかく、内容的に重複するものも多かったです。

しかし2枚目の方は、未公開シーンやメイキングなどといった貴重な映像ばかり。 ファンとして、ハマった者としては、見逃せない映像の宝庫なわけです。

スクショ3

採用されなかったアイディアやネタなんかも知ることができるのが、特典の価値ですよね。

その中でも未公開のニュース映像が特に見る価値のある収録物だったと思います。

本編でも報道シーンは何度か挿入されていますが、断片的であったりすることも多かったと思います。 あるいは音声が流れていなかったりとか。

それが、特典ディスクには膨大な種類・数のニュース映像が収録されているんですよ。 初上陸後の被災地での報道とか、記者会見シーンとか。 ノンカットのフル尺状態なので、見応えもあります。

なにより、それらの作り込みがスゴい。 (恐らく)実在のキャスターを使っていたりするからでしょうけれども、まさにリアル。 それこそ、「尺の問題だけでなく、配慮もあって収録されなかったのでは」という生々しいものも多かったです。

その他にも興味深いシーンや、「ああ、確かにこのシーンを入れていたらクドくなっていただろうなぁ」というシーンまで色々と収録されているので、いずれも必見の内容です。

通常版には含まれないディスクですので、劇場で見てハマり、BDの購入を考えている人はぜひとも3枚組のものをチョイスしてみてください。 きっと更に満足できるはずですので。

投稿者プロフィール

壬生狼

みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク

シェアする