「グッド・ネイバー」を期待せずに見たら、かなり好みの映画だった。

グッド・ネイバー

老人がなんやかんやで襲い掛かってくる「老人スリラー」とでも言うような作品がちらほらリリースされていますね。

本作もそんな感じでマーケティングされていて、予告編がイマイチだったことから期待せずに見てみたら……意外や意外、かなり自分好みの映画でした。 思ってたのとはちょっと違うけど、イイっすよ。

スポンサーリンク

前情報ナシで見るのがいいかも。

とりあえず予告編をば。

悪ガキが実験と称して隣家の老人にイタズラをし、その反応を動画に収めようとしたら、老人の奇怪な行動が……というようなスリラー・ホラーっぽい印象の予告編ですね。

パッケージにも“「ヴィジット」「ドント・ブリーズ」に続く……”とかいう文言が記されていて、怪しげな雰囲気を醸しておりました。

経験則、ヒット映画の名前を引き合いに出して、○○に続く……とかいうような「勝手に続く系」映画は高確率でアレな映画だと思っています。 よって、本作もガッカリするイマイチイマサンな映画だと思いつつ見ることにしたんです。

そうして実際に見てみると、登場人物に関しては……悪ガキはYoutuberになりたい感じの悪ガキだし、例の隣家のジイさんも他者に不寛容というか、攻撃的な印象を受けました。

で、いよいよ悪ガキ連中が、気難しそうなジイさんに“実験”を開始するわけですが……。

まぁ、確かにジイさんが不可解な行動などをとるんですが、徐々に「あれ? なんか違うんじゃないか」という、自分の期待に対するズレというか、ジイさんへの悪ガキによる評価への違和感というか、そういうものが頭をもたげてきて。

それは先へ進むにつれてどんどん強くなっていき、疑問は予感になり、やがて確信となって……結末は「うわぁ……やっぱりそういうことだったのね」と。

こういう映画なので完全にはスッキリしない・胸糞悪い結末になりがちなのはそうなのですが、ちょっと視聴前に思っていた方向性ではない意味で、胸糞悪い結末だなぁと。 最後のカットも様々に想像・解釈できそうですし。

そんなわけで、若干退屈そうだったトレーラー(予告編)から受けた印象やそこから想像したものとは違う感じでしたが、実際の内容や結末は自分好みでした。 取り返しのつかないことになる展開は、ある種の警句も含まれているのかもしれません。

……で、こうしてトレーラー掲載だの感想の公開だのしておいてナンなんですが、もし興味を持ったのなら他の人の感想やレビューを見たり、トレーラーの印象を追求しないほうがいいと思います。

「思ったのと違う!」とその時点でストップしてしまって、本作本来の魅力にたどり着けないのはもったいないですし、トレーラーにイメージを引きずられすぎても肩透かしは不可避でしょう。

よって、単純に「悪ガキが老人にイタズラをしたら、思いもよらぬ方向へ事態が転がっていく」部分に何かを感じるのであれば、見てみるといいかなと。

もしかしたら、そうした期待や予測を裏切られる部分も含めて楽しめる人向けかもしれません。 だとしたらこの記事すら余計な情報かもしれませんが……ともあれ、良作です。

投稿者プロフィール

壬生狼
みぶろと読みます。 活動名は他にmiburo666・Lupus(ルプス)など。
ゲーム、音楽、映画などが趣味。 このブログではゲーム系記事を公開しています。
現在のアイコンはPSO2のマイキャラであるルナール。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
スポンサーリンク