「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」クリア&トロコン。 集大成にして会心の出来。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO

前回、「「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を少しプレイ。 安心できる楽しさが、そこにはある。」という記事を書きましたが、あれから盆休を利用してクリアとトロフィーコンプリートしましたので改めて書こうと思います。

一度EDを迎えるまではもちろん、EDを迎えた後もモチベーションが落ちずに、ずっと継続してプレイを楽しめたのは、ひとえにその完成度の高さゆえ。 シリーズ中屈指の出来と言って差し支えない作品になっていました。

ちなみにメインはPS4版でプレイしていましたので、特別の記載がない場合はPS4版を想定して書いていきます。

続きを読む


「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を少しプレイ。 安心できる楽しさが、そこにはある。

ドラゴンクエストXI イメージ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO

ついに発売となった、DQ最新作。 正直、記事を書くより先へ進みたいくらいなんですが、今の熱があるうちにファーストインプレッションなどを書いておきたいなと思いまして、記事編集画面に向かっている次第でございます。

さて、今作はPS4/3DSという世にも珍しい形でのマルチリリースとなっているわけですが、既報にあるハードごとの差異だけでなく、実際に触ってみての差異も含めて書いていこうかなと。
続きを読む


「マン・ダウン 戦士の約束」 小粒ながらメッセージは重い。 そんな戦争映画。

マン・ダウン 戦士の約束 イメージ

やるじゃん、アルバトロス×クロックワークス!

何やら戦争映画と、ポストアポカリプス的なニオイのする作品があったので借りてみたんですが……パッケ裏情報から想像したのと違うじゃないですかコレ!

……という製品上の問題はあるものの、作品としては小粒ながらもかなり重いテーマを扱っており、見応えは十分でした。

続きを読む


「RPGツクールフェス」の「私はゼウスです」がツボでした。

またしてもRPGツクールフェスの記事を書くことになるとは思ってなかったんですが、個人的にツボった作品があったのでご紹介。

タイトルは「私はゼウスです」。 曰く「オーソドックスなRPG」とのことですが……いやいや、かなり攻めた、そしてよく出来たタイトルだと思いますよ。

続きを読む


「Ever Oasis 精霊とタネビトの蜃気楼」をプレイ。 コンパクトながら魅力が詰まった作品。

EVER OASIS イメージ

コンパクト=狭っ苦しくてスケール感がない、ということではないのです。

昨年(2016年)のE3で見かけて気になっており、つい最近まで存在を忘れていた(ヒドい)本作「Ever Oasis」ですが、体験版の雰囲気が良さげだったので購入に至りました。

軒並み完成度は平均以上で、可愛らしく穏やかそうでいながら厳しくもある……そんなARPGに仕上がっています。

続きを読む


「ハクソー・リッジ」コテコテの構成ながら、容赦のない描写が見応えあり。

ハクソー・リッジ イメージ

公開からややしばらく経ってから、にわかに気になり始めたので、気の向くまま見てきました。 いやー、これはもっと早くに見ておいて良かったかも……。

個人的好みなどもあり、前半部分は若干退屈ではありましたが、“そのおかげもあって”後半部は圧巻でした。 コテコテというか手堅く丁寧な描写と、容赦のない描写が一緒になった、優良な戦争映画と言えるでしょう。

続きを読む


「ジョン・ウィック: チャプター2」物語のテンポ△、されどアクションは◎

ジョン・ウィック:チャプター2 イメージ

暑い中、アツくなれる映画を求めて「ジョン・ウィック」シリーズ最新作を見てきました。

相変わらずかっこよすぎるアクションシーンは最高でしたが、間延びした印象のストーリー展開が若干退屈ではあり、前作比だと少し満足度が落ちる印象ではありました。

しかし、それでもなお、アクション映画としてはとてもCOOLな出来です。
続きを読む


「RPGツクールフェス」第一回コンテストの入賞作品をプレイしてみた。

それぞれに個性が光り、やはり全般的に演出がいいものが多かったように思います。

最優秀賞受賞者には賞金100万円が贈られるという、「RPGツクールフェス」を使った作品コンテストの結果発表が、先ごろ行われました。

私はフェスから久しく遠ざかっていたので、入賞作品のほとんどを知らなかったんですが、プレイしてみて納得。 それぞれに良さを出しつつ、遊べるゲームになっているものばかりでした。

この記事では、入賞作品をプレイした感想なんかを書いてみようかなと。

続きを読む


「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」スキマ時間に遊ぶには丁度いい作品。

結城友奈は勇者である 花結いのきらめき

アニメを見た勢いで事前登録してまでプレイしていた「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」。 当ブログにおいてはソシャゲは取り扱うことはないと思っていたんですが、割と遊べているのでご紹介。

アニメや劇場版キャラだけでなく、オリジナルキャラまでを含む、「ゆゆゆ」ないし「勇者である」シリーズのキャラを使ってのタワーディフェンスっぽいサムシングなゲームです。

続きを読む


「結城友奈は勇者である」変な出会い方だったけど、作品には満足。

結城友奈は勇者である

曲は偉大なりや。

ちょっと妙な経緯・経路で触れることになった本作「結城友奈は勇者である」。 なんだかんだでOST購入、ソシャゲもプレイするに至ったんで、感想でも書いておこうかなと。

おおまかなニオイ・方向性は「まどマギ」と同じ方を向いているように感じられ、それほど革新性はないものの、絵の美しさや楽曲の良さ、後半持ち直す展開もあって総合的には満足した作品です。

続きを読む


スポンサーリンク
1 2 3 4