「NG」前作より遊びやすく・とっつきやすくなったホラーADV。

NG イメージ

若干の延期を経て発売となった、「死印」の続編といえる作品「NG」。 トロフィーコンプリートまでプレイしたので記事にしてみます。

大枠は前作のそれを継承しつつ、操作性の改善や少し角が取れた印象の内容など、より万民向けに傾いた感じに仕上がっています。 前作プレイヤーはもちろん、今回が初という人でもこの手の作品が好きであれば楽しめるでしょう。

続きを読む


「The Shrouded Isle」カルト運営もなかなか大変なんですね。

The Shrouded Isle イメージ

本作は、邪神を復活させて、滅びと苦悩から救済されるべく、カルトの指導者として5年間島内の秩序を維持・管理し、罪人を生贄にして排除することを目指す、マネジメント系シミュレーションゲームです。

雰囲気のある陰気なビジュアルとBGMもさることながら、なんとかかんとか5年間をやりくりする中間管理職的なプレイは、方法論を確立するまでが楽しいです。

重厚なストーリーや味わい深いフレーバーテキスト、インパクトのあるイベント……といった豪華絢爛な要素は本作には備わっておらず地味と言えますが、それゆえによくできたシステムと添え物として良い出来のビジュアルとBGMに集中できるでしょう。

続きを読む


「bit Dungeon II」気楽に“1周は”楽しめるARPG。

bit Dungeon II

今回ご紹介する「bit Dungeon II」は、安価かつ気楽にハックアンドスラッシュ的に楽しめる、2DのARPGです。

ローグライク(というかローグライト)的なデザインをベースに、様々なゲームのいいとこ取りをしたような感じに仕上がっており、2~3時間程度で1周クリア可能な短編となっています。

1週は割と気楽にやれてそこそこ楽しかったものの、さなかでも変化に乏しく、2周目以降を遊ぼうという気にはさせてくれませんでした。 まぁ、金額分はしっかり遊べましたが。

続きを読む


「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」今更ながら再評価の刻。

ドラゴンズドグマダークアリズン タイトル

常々遊びたいと思っていたのにも関わらず、発売日からしばらく経ってしまいましたが、ようやく購入と相成りましたPS4/Xboxone/PC「Dragon’s Dogma: Dark Arisen(ドラゴンズドグマ:ダークアリズン、以下カタカナ及び本作表記)」。

前世代機版をそれなりに遊んでいたのにも関わらず結構やり込みましたので、(今更ながら)プレイした感想と一部解説をしていきます。

一部ネタバレがあることと、長文であることにご注意ください。

※PS4版の内容です。
※プラチナトロフィー獲得済み。 続きを読む


「Fallout Shelter」ついつい起動して遊んでしまう、謎の中毒性。

Fallout Shelter

Fallout 4のスピンオフ的作品「Fallout Shelter」。 これまでもPCやiOS/Android向けには配信されていたものの、日本語訳がついていない状態でした。

それがこのたび、PS4にて日本語訳された状態で配信されたのでプレイ。 すぐに飽きてやめてしまう可能性もあったのですが、意外や意外、ついつい遊んでしまう中毒性がありましたよ。

続きを読む


「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」見た目は良いが手抜きが目立つ。

P5Dタイトル

またしても久々の出現になりますまるおです。

今回はペルソナの音ゲー「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」を一通りプレイしましたので、レビューしていきます。

前作として「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」があるので、どうしてもそれとの比較が多くなってしまいますが、基本的にMV以外は手抜きが目立った印象です。

ちなみに本記事では、ダンス映像をPVではなくMVの表記で統一します。

※PS4版でのレビューになります。
※トロフィー取得率は20%程度。
続きを読む


「DARK SOULS REMASTERED」古さ粗さはあっても、今なお楽しめる作品。

DARK SOULS REMASTERED

発売から実に7年弱の時を経て、初代DARK SOULSがリマスターされて発売となりました。 早速プレイ&とりあえず1周クリアので記事にします。

3などをプレイした今となっては随所に古さや粗さを感じる本作ですが、それでも今なお楽しめる作品には違いなく、一気にプレイしちゃいましたよ。

※都合上、ネタバレを含むため、完全初見の方はご注意ください。 この辺から読んでもらえると、要素などのネタバレを必要最低限に抑えられます。

続きを読む


「死印」素晴らしいアートとサウンドで魅せる、上質なホラーADV。

死印

こういうのを、待っていた。

(いい意味で)Wiz系RPGばっかり作っているエクスペリエンスが手がけるホラーゲーム……一体、どんなもんじゃい? ということで、触ってみた本作「死印(しいん)」。 快適性は今一歩なものの、内容にはかなり満足いくものとなっていました。

続きを読む


「Wolfenstein II: The New Colossus」更に過激で、暴力的で、クレイジーに。

Wolfenstein II

ナチスが第二次大戦に勝利した世界を舞台にしたFPS、Wolfensteinのリブート版第3作目(The Old Bloodもカウントした場合)の本作。 基本的なプレイフィールはそのままに、ストーリーは更に過激に、暴力的に……そしてCRAZY!としか言いようのないものに。

これまで同様人を選ぶ作風とデザインではありますが、突き抜けた独自色を持つシングルプレイFPSとなっています。

続きを読む


「真・三國無双8」野心と挑戦心だけは買いたい。 オススメはしないけど。

真・三國無双8

5年ぶりの新作はオープンワールド! ということで、先頃発売となった真・三國無双シリーズ最新作。

発売前の情報や動画でちょっとした期待と大きめの不安を抱えてプレイしてみましたが、なんというか、本来満足させるべき層からは厳しい目をされるのも仕方ないかなぁ、という塩梅でした。

が、妙な愛嬌があるというか、嫌いにはなれない……どころか、なんだかんだ結構楽しめているのも事実なので、その辺を書いていこうかなと。

続きを読む


スポンサーリンク
1 2 3 4 6